Database Laboratory

Graduate School of Information Science, Nagoya University

Publications in 2006

学術雑誌レター論文

  1. Sophoin Khy, Yoshiharu Ishikawa, and Hiroyuki Kitagawa,
    "Incremental Clustering Based on Novelty of On-line Documents",
    日本データベース学会Letters, Vol. 5, No. 1, pp. 57-60, 2006年6月.
    PDF
  2. 町田 陽二, 石川 佳治, 北川 博之,
    「マルコフ連鎖モデルに基づく動的な移動ヒストグラム構築手法」,
    日本データベース学会Letters, Vol. 5, No. 1, pp. 89-92, 2006年6月.
    PDF

国際会議論文

  1. Sophoin Khy, Yoshiharu Ishikawa, and Hiroyuki Kitagawa,
    "Novelty-based Incremental Document Clustering for On-line Documents",
    Proceedings of International Workshop on Challenges in Web Information Retrieval and Integration (WIRI 2006), Atlanta, Georgia, April 2006.
    – DOI: 10.1109/ICDEW.2006.100
    PDF
  2. Yoshiharu Ishikawa, Yoji Machida, and Hiroyuki Kitagawa,
    "A Dynamic Mobility Histogram Construction Method Based on Markov Chains",
    Proceedings of the 18th International Conference on Scientific and Statistical Database Management (SSDBM 2006), Vienna, Austria, pp. 359-368, July 2006.
    – DOI: 10.1109/SSDBM.2006.7
    PDF
    Presentation (PPT)

国際会議デモ

  1. Jianwei Zhang, Yoshiharu Ishikawa, Sayumi Kurokawa, Hiroyuki Kitagawa,
    "LocalRank: A Prototype for Ranking Web Pages with Database Considering Geographical Locality",
    Proceedings of 8th Asia-Pacific Web Conference (APWeb 2008), LNCS 3841, pp. 1209-1213, Harbin, China, January 2006.
    – DOI: 10.1007/11610113_137

学会発表

  1. 張 建偉,黒川 沙弓,石川 佳治,北川 博之,
    「フィードバックを利用した文書の選択に基づくレコード抽出手法」,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2006, No. 78, 2006-DBS-140 (II) (68), pp. 291-298, 及び, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 106, No. 149, pp. 227-232, 2006年7月.
  2. Sophoin Khy, Yoshiharu Ishikawa, and Hiroyuki Kitagawa,
    "Parameter Setting for a Clustering Method through an Analytical Study of Real Data",
    情報処理学会研究報告,Vol. 2006, No. 78, 2006-DBS-140 (II) (79), pp. 375-381, 及び, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 106, No.150, pp. 462-467, 2006年7月.
  3. 石川 佳治,黒川 沙弓,張 建偉,北川 博之,
    「データクリーニングを統合した情報抽出システムの提案」,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2006, No. 78, 2006-DBS-140 (II) (82),pp. 399-406,及び, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 106, No. 150, pp. 61-66, 2006年7月.
  4. 石川 佳治,
    「マルコフ遷移モデルに基づく移動軌跡のクラスタリング」,
    電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 106, No. 290, pp. 37-42, DE2006-125, 2006年10月.
  5. Yoshiharu Ishikawa,
    "Spatio-Temporal Data Mining from Moving Object Trajectories",
    Proc. 4th Symposium on "Intelligent Media Integration for Social Information Infrastructure", pp. 125-126, 2006年12月. (ポスター発表)

講演・パネリスト

  1. 石川 佳治,
    「知識発見を用いた情報源連合」,
    第1回 自律連合型基盤システムに関するシンポジウム, 2006年6月(講演).
  2. 石川 佳治,
    「ホットなトピックの発見と追跡−TDTに関する研究の動向−」,
    第21回附属図書館研究開発室オープンレクチャー, 2006年6月 (講演).

その他

  1. 石川 佳治,
    「時間とともに移り変わる情報をとらえる」,
    LIBST Newsletter, No. 8, pp. 3-5, 名古屋大学附属図書館 研究開発室, 2006年9月.
    PDF

コメントを残す