Database Laboratory

Graduate School of Information Science, Nagoya University

Publications in 2008

学術雑誌論文

  1. Sophoin Khy, Yoshiharu Ishikawa, and Hiroyuki Kitagawa,
    "A Novelty-based Clustering Method for On-line Documents",
    World Wide Web Journal, Vol. 11, No. 1, pp. 1-37, March 2008.
    – DOI: 10.1007/s11280-007-0018-9
    PDF
  2. Fengrong Li, Takuya Iida, and Yoshiharu Ishikawa,
    "Traceable P2P Record Exchange: A Database-Oriented Approach",
    Frontiers of Computer Science in China, Vol. 2, No. 3, pp. 257-267, September 2008.
    – DOI: 10.1007/s11704-008-0028-5
  3. Sophoin Khy, Yoshiharu Ishikawa, and Hiroyuki Kitagawa,
    "Querying Topic Evolution in Time Series Document Clusters",
    日本データベース学会論文誌, Vol. 7, No. 3, pp. 7-12, 2008年12月.
    PDF

国際会議論文

  1. Fengrong Li and Yoshiharu Ishikawa,
    "Traceable P2P Record Exchange Based on Database Technologies",
    Proceedings of the 10th Asia Pacific Web Conference (APWeb 2008), LNCS 4976, pp. 475-486, Shenyang, China, April 2008.
    – DOI: 10.1007/978-3-540-78849-2_48
    PDF
  2. Lu Qin, Jeffrey Xu Yu, Bolin Ding, and Yoshiharu Ishikawa,
    "Monitoring Aggregate k-NN Objects in Road Networks",
    Proceedings of 20th International Conference on Scientific and Statistical Database Management (SSDBM 2008), LNCS 5069, pp. 168-186, Hong Kong, China, July 2008.
    – DOI: 10.1007/978-3-540-69497-7_13
  3. Sophoin Khy, Yoshiharu Ishikawa, and Hiroyuki Kitagawa,
    "A Query Language and Its Processing for Time-Series Document Clusters",
    Proceedings of the 11th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries (ICADL 2008), LNCS 5362, pp. 82-92, Bali, Indonesia, December 2008.
    – DOI: 10.1007/978-3-540-89533-6_9
    PDF

学会発表

  1. 石川 佳治, 飯島 裕一,
    「曖昧な位置に基づく空間問合せ処理の効率化」,
    電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ (DEWS2008), 2008年3月.
  2. 李 峰栄, 飯田 卓也, 石川 佳治,
    「P2Pネットワークにおけるトレーサビリティを有するレコード交換システム機構」,
    電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ (DEWS2008), 2008年3月.
  3. Sophoin Khy, Yoshiharu Ishikawa, Hiroyuki Kitagawa,
    "Summarizing Document Cluster Transitions Using Descriptive Sentences",
    電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ (DEWS2008), 2008年3月.
  4. Sophoin Khy, Yoshiharu Ishikawa, Hiroyuki Kitagawa,
    "Generating High Level Descriptions from Document Cluster Transitions",
    情報処理学会第70回全国大会, 5A-1, 2008年3月.
  5. 飯島 裕一, 石川 佳治,
    「曖昧な位置に基づく空間問合せ処理手法の実現」,
    情報処理学会第70回全国大会, 5ZK-5, 2008年3月.
  6. 飯田 卓也, 李 峰栄, 石川 佳治,
    「トレーサビリティ機構を有するP2Pレコード交換システムの開発」,
    情報処理学会第70回全国大会, 5ZK-8, 2008年3月.
  7. 李 峰栄, 飯田 卓也, 石川佳治,
    「トレーサブルなP2Pレコード交換システムにおける問合せ処理」,
    情報処理学会研究報告, Vol. 2008, No. 56, 2008-DBS-145 (14), pp. 105-112, 2008年6月.
  8. 飯島 祐一, 石川 佳治,
    「曖昧な位置に基づく空間問合せ処理手法の評価」,
    電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 108, No. 93, DE2008-27, pp. 151-156, 2008年6月.
  9. Sophoin Khy, Yoshiharu Ishikawa, Hiroyuki Kitagawa,
    "Querying Time-Series Document Clusters",
    情報処理学会研究報告, 2008-DBS-146-11, pp. 61-66, 2008年9月.
  10. 李 峰栄, 飯田 卓也, 石川 佳治,
    「トレーサブルなP2Pレコード交換システムにおける問合せ処理の効率化について」,
    情報処理学会研究報告, 2008-DBS-146-17, pp. 97-102, 2008年9月.
  11. 飯島 裕一, 石川 佳治,
    「曖昧な位置に基づく最近傍問合せ処理手法」,
    情報処理学会研究報告, 2008-DBS-146-40, pp. 235-240, 2008年9月.
    学生奨励賞 受賞
  12. 飯田 卓也, 李 峰栄, 石川 佳治,
    「トレーサブルなP2Pレコード交換システムPI-REXの設計」,
    情報処理学会研究報告, 2008-DBS-146-49, pp. 289-294, 2008年9月.
  13. 石川 佳治, 兒玉 一樹, 飯島 裕一,
    「ユーザの嗜好と位置に応じた情報選択・提供のためのデータベース問合せ手法」,
    情報学ワークショップ2008 (WiNF 2008) 論文集, pp. 133-136, 2008年9月.
    優秀賞 受賞

著書・編著・解説

  1. Akiyo Nadamoto, Yoshiharu Ishikawa, Masaru Kitsuregawa, and Katsumi Tanaka (eds.),
    Proceedings of the International Workshop on Information-Explosion and Next Generation Search (INGS 2008),
    IEEE CS Press, 2008. (ISBN: 978-0-7695-3300-1)
  2. Yoshiharu Ishikawa, Jing He, Guandong Xu, Yong Shi, Guangyan Huang, Chaoyi Pang, Qing Zhang, Guoren Wang (eds.),
    Advanced Web and NetworkTechnologies, and Applications (Proceedings of APWeb 2008 International Workshops),
    Springer, 2008. (ISBN: 978-3-540-89375-2)

講演・パネリスト

  1. 石川 佳治,
    「移動オブジェクト技術に基づくセンサデータベースの適応的問合せ処理に関する研究」,
    平成19年度科研特定領域「情報爆発IT基盤」成果報告会, 2008年3月 (講演).
  2. 石川 佳治,
    「移動オブジェクト技術に基づくセンサデータベースの適応的問合せ処理に関する研究」,
    平成20年度科研特定領域「情報爆発IT基盤」領域全体会合, 2008年7月 (講演).
  3. Yoshiharu Ishikawa,
    "Range Query Processing for Imprecise Objects with Gaussian Distributions",
    The 4th Korea-Japan Database Workshop (KJDB 2008), Fukushima, Japan, September 2008.(招待講演)
  4. Yoshiharu Ishikawa,
    "Spatial Database Technologies for Location-Based Services",
    Microsoft Research Asia – Tsinghua University Workshop on Internet Services and Cloud Computing, Beijing, China, November 2008.(招待講演)

その他

  1. 石川 佳治,
    「ECDL 2007国際会議報告」,
    LIBST Newsletter, No. 12, pp. 1-5, 名古屋大学附属図書館 研究開発室, 2008年4月.
    PDF
  2. 石川 佳治, 町田 陽二, 北川 博之,
    「おめでとう論文賞:マルコフ連鎖モデルに基づく移動ヒストグラムの動的構築法」,
    電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ誌, Vol. 13, No. 3, p.8, 2008年11月.

コメントを残す