Database Laboratory

Graduate School of Information Science, Nagoya University

ファイル共有

論文アーカイブ,ミーティング資料など

DB研ではownCloudを用いてファイル共有をしています.以下のURLおよびアカウントで共有中のファイルを確認・編集できます.

http://www.db.ss.is.nagoya-u.ac.jp/owncloud/
account: dbgroup
password: いつもの

なお,ファイル数が多くなると移動や転送が大変になるため,論文のソースファイルなどファイル数が多いものはzipなどに圧縮してからアップロードしてください

ディレクトリ構成は以下のとおりです.

  • archive: 作成した論文やソフトウェアなどの保管用ディレクトリ
    award: 学会で受賞した際の賞状など
  • research: 研究活動に関連するものの保管用
    meeting: ミーティング資料
    activity: 会議報告などの資料
    proceedings: 学会・会議のproceeding
    text
  • lab: 研究室に関連するものの保管用ディレクトリ
    event: 研究室で行われたイベントなどの資料
    rinkou: 輪講の発表資料
    photo: 写真
    logo: 名大や研究室のロゴ
    system: システム管理に関する資料
    unnei: 係の仕事に関する資料
    inshi-kakomon: 院試過去問*
  • home: 各ユーザが自由に使用できるディレクトリ
    user: 各ユーザのディレクトリ
    _graduates: 卒業生のディレクトリのアーカイブ
    _faculty: 異動された先生のディレクトリのアーカイブ
  • clientsync
    Sites: Web公開用ディレクトリ

* 近年の試験問題は情報科学研究科のページでも公開されているが,著作権法の規程により英語については公開していない.このディレクトリには古い問題や英語の問題も置かれているので,受験者は参考にするとよい.

 

実験用データセット

実験に使用するデータセットをNASサーバで共有しています.サーバは研究室LAN内に設置しているため,384,389室の有線もしくはdblab384の無線からのみ接続できます.

NASサーバ内のデータが充実すれば実験用の実データを探す手間が大幅に削減します.有用な実データがあれば追加してください.ただし,NASサーバ内のデータは基本的に再利用を目的としている点に注意しましょう.再利用性の向上のために,適切なディレクトリ名をつけること,Readmeファイルを作成することを徹底してください.ディレクトリ名の付け方やReadmeファイルの形式の例はサーバ上の“Readme-データを格納する前に.txt”というファイルに記述してあります.

接続条法は以下のとおりです.

host name:jupiter
user: dblab
password: いつもの

以下,各OSでの接続方法の概要です.
Windows:スタートメニューで“\\jupiter”と検索
Mac:“移動”->“サーバへ接続”と選択し,“smb://jupiter”に接続
Linux:“mount”コマンドで接続.使い方は調べてください

コメントを残す